ワーキングホリデーって一体何なんだ?

ワーキングホリデーという単語を聞いたことがあっても、具体的にどういう制度かは知らない人も多いと思います。
これは、簡単に言うと、外国で働きながら勉強をしたり、海外暮らしを体験できる制度です。

ワーキングホリデーは、日本と相手国との二国間の取り決めによって成り立っています。
お互いの国の留学生をこういった条件で受け入れますよ、という取り決めがされている国に関して、ワーキングホリデーに行けるということなんです。

どこの国へでも行けるということはありませんが、オーストラリアやカナダ、フランス、イギリス、台湾など、様々な国から選択することができます。
また、1か国には原則として1度しか行くことができませんが、違う国へ行くことはできますから、ワーキングホリデービザで世界中のあちこちの国に滞在するということも可能です。

ワーキングホリデービザの申請条件は、各国によって規程が異なります。
申請が有料か無料かといったところから違いますし、学校に通える期間なども国別に定められています。
自分がワーキングホリデーで何をしたいのか、どんな暮らしをしてみたいかといった部分も考慮に入れて渡航先を選びたいですね。

そんなワーキングホリデーですが、各国に共通している決まり事もいくつかあります。
まず、渡航期間は最長で1年までということ。
1年以上の滞在がしたくなった場合は、現地で別のビザを取得しなおす必要があります。
それから、18歳以上でなければならないということ。

つまり、高校生では認められないということです。
上限については、主に30歳までの申請となっている国が多くなっています。
ワーキングホリデービザは、申請から1年間有効ですから、30歳のうちに申請しておけば、31歳になってからの渡航も可能ですが、その後は不可となります。

つまり、大学生や新社会人になる年齢の場合は、まさにワーキングホリデーにぴったりの年代ということですね。
こういった若い時期に海外経験を積むことで、将来に役立てることができるんです。

 

 

ワーキングホリデーをサポートしてくれるワーホリセーバーさん