タイ旅行で織田氏おすすめのチェンマイ

タイ旅行で近年注目されているのが「チェンマイ」という都市です。

チェンマイはタイ国内で人口第3位の都市となっており、旧首都だった場所でもあります。

チェンマイはタイ北部に位置する都であり、大変情緒がある街です。

アジアとは思えない情緒ある街並みで「まるで京都のような街だ」と表現する人も多いのだとか。

これは1度足を運んでみたいところです。

バンコクについてはあわただしいアジアの首都といったイメージで、人口も多くエネルギッシュですが、チェンマイは比較的のんびりするのにピッタリな地となっており、長期滞在している日本人もいます。

またリタイア後にチェンマイで過ごすといった人も見られるほどです。

タイ旅行ですが、時間に余裕がある人はぜひともチェンマイに足を運んでほしいところです。

チェンマイですが、お寺をはじめ見所がたくさんあります。

また温泉文化があまりないタイでは珍しく温泉までもあります。

海はないので、海ライフを楽しみたい人は南へ行くことをおすすめします。

城壁なども残っており、とても良い思い出になることでしょう。

チェンマイにぜひとも住みたいといった人も多いほどです。

落ち着いた雰囲気や人の素朴さもまた魅力の1つとなっています。

チェンマイを拠点に北の町を巡る人も少なくありません。

バンコクよりも物価も安いことから、特に長期滞在の人は滞在しやすいことと思います。

タイ旅行ですが、国内に見所がかなり多いためできれば1ヶ月くらいゆっくり巡りたいといった人も少なくありません。

長期休暇が取りやすい欧米人の中には、1ヶ月から半年、1年など長期で旅行する人も後を絶たないそうです。

リタイアしてからでもそうした旅行を実現させたいところですね。

学生のうちは長期休暇があると思いますので、それこそチャンスですよ。

長期休暇にアジア旅行やタイ旅行を計画されてはどうでしょうか?

チェンマイをはじめ、良い思い出になること間違いなしです。

エアアジアの利用

エアアジアは日本でもおなじみで、格安の航空会社として有名です。

アジア各国で運行しており、10年以上前からアジアの足として定着していて、現地の人をはじめ多くの人が利用しています。

セールの際は、バスや電車よりも安いことも多いことから、今までバスや電車を使っていた人もエアアジアに切り替えるといった人も少なくありません。

2014年10月から成田⇔バンコクでも就航し話題となっています。

タイ旅行についてもエアアジアのセールを利用すれば、往復4万前後で行ける場合もあります。

エアアジアについては常時安めの価格が設定されていますが、特にセールのときはねらい目です。

年末年始やGW、お盆については各航空会社の航空運賃が相当値上がりします。

可能であれば別の時期に、エアアジアを利用して旅行したいところです。

タイ旅行はもちろん、タイを基点にミャンマーやマレーシア、シンガポールにも行くことができます。

バンコクからは多くの路線を結んでいることから、エアアジアは乗り継ぎについても大変便利でさらに価格が安いため、メリットも豊富です。

タイで人気のプーケットについても、1日で何便か就航しているので、自分の都合のよい時間に合わせて行動することができます。

エアアジアですが、早めの予約やセール時の購入が狙い目となっています。

早めに予約すると航空運賃が安いので、その分またメリットも大きいと言えます。

航空運賃を安く済ませて、その分良いホテルに宿泊したりするのがおすすめです。

旅行の際は、お金もとても大事なポイントとなります。お金についても考慮しつつプランを作成したいところです。

節約する部分は上手に節約して、ゴージャスに行きたいところはゴージャスにするといった、メリハリのつけ方も良いでしょう。

タイはホテルも安くて、また5つ星クラスのホテルが2名1泊朝食付き1万5千円前後で泊まれるところもあります。

日本を離れて非日常を堪能するのも良いのではないでしょうか。

 

 

関連リンク
織田茂徳
H.I.S. タイ旅行・ツアー・観光

最終更新日:2016年10月17日