不貞行為と証拠について

◯不貞行為とは?

不貞行為は、法律上でも認められている離婚理由の一つになります。

夫婦は、お互いに性的に純潔、パートナー以外のせい行為を行わない状態を保つための貞操義務というものあり、それに反することが起こると、パートナーに対して法的に離婚を請求することが可能となっています。

不倫による裁判では「不貞行為」があったかどうかが注目されます。

大枠としては「不倫」の中に「不貞」があると考えられます。

不倫をしたとしても、不貞になる場合とならない場合があります。

肉体関係のないメールのやり取りやデートをする、別れ際にキスをするなどの行為は不倫などには当てはまりますが、肉体関係がないため不貞の行為とは言えないとされています。

また、異性とラブホテルなどに行き、相当時間でてこなかった場合は肉体関係が推測される状況が認められます。

1回限りの行為や風俗に行った、別居しているというのも、認められないケースが多いです。

◯離婚するには確たる証拠が必要

では、不貞行為を理由に離婚するためにはどうしたら良いのか、というのは、パートナーが不貞をしているという証拠、もしくは推認できる証拠を用意する必要があります。

一般的に裁判における論点は、不貞行為によって請求者の婚姻関係が破綻したかどうかが注目されます。

証明するための主な証拠はいくつかあります。

まず、あげられるのがメールやSNSなどの履歴です。

携帯電話やパソコンでのメールやSNS、コミュニケーションアプリのやり取りを見てしまい、浮気を知ったというケースが多くなっています。

異性との連絡程度では証拠としては弱いですが、メール履歴やコミュニケーションアプリのやり取りなどは不貞行為を認めたときには有効な証拠となるため、それらを印刷したものを資料として活用できます。

◯写真はデジタルではなくフィルムで

最も有効なのが写真や映像です。

パートナーが異性とホテルに何度も出入りしている姿や旅行をしている様子、相手の部屋にしている瞬間なども証拠は弱いと考えられます。

決定的なのは双方がベッドの上で服を着ていない写真などですが、手に入れることは難しいためホテルに出入りしている写真などを用意しておきます。

音声データもオススメです。そこで認める内容が録音されていると証拠になります。

ただし、写真も音声もデジタルでは加工しているとされるため、フィルムカメラなどのものを用意する必要があります。

証拠は自分だけでも集めることができますが、探偵社や調査会社の調査報告書なども証拠として活用が可能です。

 

 

[PR] 不貞行為慰謝料