面倒な年賀状は手間を省ける専門の印刷業者に任せるのがベスト

年賀状を書く作業は、年末年始の恒例行事です。

親戚や友人、知人、さらには会社の同僚や上司、取引先など、毎年お世話になった人に書く人は多いでしょう。

しかし、年賀状を書く枚数が増えていくと、非常に面倒くさい作業です。

裏面の絵柄だけ印刷にし宛名だけ自分で書くとしても、ある程度の時間が必要になります。

そもそも年末年始は、大掃除や新年を迎える準備のために忙しい時期です。

仕事も年が明けるまで片付けてしまいたいので、年末は時間的な余裕がほとんどありません。

段々と書くことに負担を感じる人が増え、気軽なメールを利用する人が増えています。

しかし、やはりメールよりはがきで新年の挨拶が届くと、嬉しくなるものです。

特にあまり付き合いのない人から届くと、近況を知ることもできます。

とはいえ、やはり忙しい年末に手書きをするのは難しいので、もっと簡単にできる方法を使うべきでしょう。

手間を省きながら年賀状を用意するなら、印刷業者がベストです。

専門業者に依頼をすれば、はがきの裏面に挨拶の文句や干支を印刷して、自宅に届けてくれます。

自分で挨拶の文句や干支のデザインを考える必要はなく、プリンタで作成する手間もありません。

年賀はがきも業者から購入できるので、注文するだけで立派な年賀状ができます。

注文した年賀はがきが届いたら、あとは相手の名前や住所を書けば終わりです。

業者に印刷しても宛名を手書きすれば、相手への気持ちも伝えることができるでしょう。

しかし、裏面のデザインに関する手間を省けても、宛名を書く作業があると負担はそれほど変わりません。

もっと負担を減らしたいなら、相手の名前や住所も業者に任せるのが良いです。

注文時に、宛名となる氏名や住所を記録した住所録を送信すれば、年賀はがきの裏面だけでなく表面も印刷してくれます。

手元には、裏面も表面が完成した年賀はがきが届くので、後は最終確認をしたり裏面に一言手書きで挨拶文を添えれば、普段と同じ年賀状になるでしょう。

また、業者によっては完成後に注文した人に届けず、そのままポストに投函してくれるサービスもあります。

業者が直接ポストに投函してくれれば、最終確認をする必要はありません。

自宅に届けてもらうより速く投函できるので、締め切りがギリギリのときでも、元旦に届けてもらえるでしょう。

年末年始の面倒な手間を省きたいなら、年賀はがきを購入したり、宛名を書いたりする作業から解放される業者に任せましょう。

■今年賀状を出すべき理由

他者とのコミュニケーションを図るためのツールはすっかりデジタルに移行し、利便性が高くなり迅速に伝達できるようになったものの少し物足りなさや寂しさを覚えている方が居るのも事実です。

特にそういった気持になりやすいのは年賀状であり、元旦の風物詩的なものが届かなかったり枚数が著しく少ないと物悲しくなるものです。

時代の変化によって淘汰されてしまうのは仕方がないという見方がされることが多いものの、実は年賀状にはデジタルが決して持ち合わせていない特別な魅力があります。

それは、すっかりご無沙汰してしまっている方でも違和感無く連絡することが可能であるという点であり、メールなどではつい思惑があるのではないかと思われてしまうシーンでも、年賀状なら素直に嬉しさが込み上げてくるのです。

つまり、時間が経ってしまい今更連絡するのが照れくさいと感じられてしまう時に有効性が高く、かつてよく一緒に遊んでいた幼馴染もしくはお世話になった恩師に現況が伝えられるようになります。

また、現代はすっかりSNSの時代ですが紙媒体のはがきではソーシャルネットワークとは違ったリアリティを感じることができます。

SNSは日々の生活の中における楽しかった思い出を一部分的に切り出してサービスにアップするという様相なのですが、年賀状に関しては生活そのものをリアルに伝えられるのです。

良い意味で生活感を感じられるようになるので、相手のことを羨望の的として見るのではなく、学生時代の同級生を見るような対等な目線で見てもらえます。

そういった情報化社会に生きている私達は何か欲しいものがあったり、入手したい情報があった時にはすぐにネット経由で情報収集することができるのですが、情緒を覚えるとは言い難いのが実情です。

一方、はがきなら生まれ育った時から元日の朝に高ぶる気持ちを抑えながらポストに確認しに行くという心情が根付いているので、季節感を最も覚えることができるのです。

もちろん、各々に対して送る側はどのような写真を使って作成していくのかを計画していきますし、そうした工程を行っていると今年の一年間を振り返るために良い機会となります。

加えて、一枚一枚手にとってくれる方のことを思い出して文字を書き入れていくと尚更人に対して感謝の気持ちを抱くようになったり、身近な存在であると感じられるようになるのです。

決してメールは持ち合わせていない特性が年賀状には兼ね備えられています。

■年賀状のマナーについて

毎年お正月にやり取りする年賀状ですが、意外に知られていないマナーがあります。

ここでは3つ取り上げてみていきましょう。

「元旦」とはいつ?

よく「あけましておめでとうございます」という言葉とともに「元旦」と入れている文面を見ます。

元旦の「旦」は日の出の様子を表している象形文字です。

つまり、元旦とは「元日の朝」を表しているものなのです。

1月1日に届けられるものなら問題ないのですが、2日以降に届く場合「元旦」では日付が間違っているということになってしまいます。

2日以降に届くことが予想される場合は「正月」「1月」などとします。

いつまで出せる?

出していない人からもらったりすると、新年になってからずいぶん経つのに「あけましておめでとう」の文言が入ったものを出して大丈夫かな?と心配になります。

最近では世間一般でも三が日を過ぎるとあまり新年のあいさつをしなくなってきているということもありますが、何の返事もしないというのも気になるものです。

年賀状は松の内、つまり1月7日までに相手の手元に届くように出すものです。

1月7日までであれば、新年のあいさつで構いません。

そもそも、直接ご挨拶に伺えない代わりに郵便であいさつをする、というのが年賀状の趣旨です。

相手に届くのが1月7日よりも遅くなることが分かっている場合は「寒中お見舞い」として出すようにしましょう。

1月8日から節分までは大丈夫ですので、年賀状が出せないときなどには一言添えて出すとよいでしょう。

写真入り年賀状はOK?

家族やペットと一緒に撮った、いわゆる写真入りのものについて、最近は賛否両論あるようです。

統計によるとおよそ45%の人は「別に構わない」「かわいい」と肯定的ですが、40%の人は「見たくない」「嫌味に感じる」と否定的な意見、残りの15%は「どちらでもよい」「興味がない」という結果でした。

家族ぐるみでお付き合いをしている相手にとっては、子どもさんの成長やご夫婦の様子などを見ることができてよい、といった意見が多いのですが、仕事上でしか付き合いがない相手であったり、お子さんがいないご家庭の場合は苦痛を感じるとまでいう人も多いようです。

最近は自分でデザインをし、相手によってレイアウトのパターンを変えるという人も増えています。

また、出すほうも「ネットなどでどんなふうに拡散されるかわからない」と自粛する例も増えてきました。

信頼できる相手や家族ぐるみでお世話になっている方など選んで出すのがよいという風潮になりつつあるようです。

(参考:年賀状印刷 コンビニより)

■年賀状はできるだけオリジナリティを出すこともおすすめです

元旦に向けての挨拶として、国内では古くから年賀状を用いることが行われています。

現在では時代が進化しており、携帯電話などを使って簡単に挨拶を済ませる方も多く存在していますが、親戚や会社関係、恩師などの場合では失礼にあたってしまう可能性が非常に多いので、やはり正式な場面では紙の年賀状を利用して送ることが最も良い方法でしょう。

作成に関しては、便利な書籍類が年末近くになると一般書店でも販売されるようになり、その内容では裏面に利用できる画像集などが掲載されているものです。

購入者は好みのデザインを用いてパソコンと家庭用プリンターを利用してプリントアウトする方法で、簡単に作成することができます。

しかし、現在ではインターネット上でも簡単に作成できる方法が用意されているので、利便性の高いサービスを利用することができます。

年賀状に関しては、新年の大切な挨拶になるので、できるだけオリジナリティを出して作成することを検討してみることもおすすめの方法です。

例えば宛名面に関しては、字の綺麗な方であれば、自筆として書く方法もあり、背面のデザイン面に対しても、簡単に印刷で済ませる方法だけではなく、何かしらのメッセージや挨拶文を手書きで記入することも一つの方法です。

オリジナリティに関しては、完全にオリジナル品として作成する方法もあり、この方法ではグラフィックソフトを使ってデザインを施す方法、水性塗料や色鉛筆などを用いて手書きで描く方法、切り絵などを施す方法などもあり、アイデアによって無限のデザインを作ることができます。

少し手の器用な方であれば、時間を費やして完全にオリジナルな年賀状を作ってみることもおすすめになります。

時間的な余裕が無い方や、手先が器用では無い方のケースでは、プリントサービスを利用する方法があるので、この方法でも一筆書くだけでも随分と見栄えを良くすることに成功できます。

年賀状は元日に届けることを目標にすることが最も良い方法でもあるので、12月に入った場合では予定を十分に考慮した上で、作成期間を調整することが必要です。

あまりに遅れてしまった場合では、不誠実な状態になる可能性が高まるので、スケジュールをしっかりと持って作成することは基本的なことです。

家庭用プリンターからプロの印刷まで幅広い作成方法が用意されているので、作成者にとって最適に感じる手段で作ることができます。

オリジナリティを出す工夫に関しても文具店などを見た場合では、アイデアが浮かぶ可能性もあるので、一度は足を運んでみることも良い方法でしょう。