株と優待制度はこんなにお得

会社をつくるとき、会社を大きくするときたくさんのはたくさんのお金がかかります。

オフィスビルを作ったり工場を作ったり、工場を新設ししたりするときは、その会社がまず貯金をしそのお金を使います。

それでもその会社だけでのお金では無理があります。

そこで会社は株式というものを発行して、自分の会社の応援をしてくれる人をたくさん探して会社を大きくしたりするためのお金を集めます。

つまりその会社を応援するためにお金を出した証のことをいいます。

会社のオーナーの一人です。

ではなぜ資金は銀行から借りればいいのに会社は株を発行するのでしょうか。

それは独特のメリットがあるからです。

銀行から借りたお金は利子をつけて返さなければいけません。

同時に社せきを発行して得たお金は返さないとなりません。

しかし集めたお金は返済しなくてもいいんです。

また会社の経営状態により配当金という対価をもらいます。

また売買することもでき、企業の価値があがるとその価値があがります。

それを売買しているのが市場といいます。

 

オリエンタルランドの例

東京ディズニーランド、ディズニーシーはオリエンタルランドという会社が運営しています。

身内がオリエンタルランドの株をもっているのですが、優待制度(会社が一定数以上の自社の権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと)があり、年に2回ワンデーパスポートが2枚もらえます。

尚、所有する株数により優待パスポートの枚数は異なります。

東京ディズニーランド、ディズニーシーのどちらかで使用できます。

通常ですと、大人2名で入園すると一人7400円×2枚で入園するだけで14800円もかかるので、この優待パスポートをつかうと入園料が無料になり、お得感があります。

その分パーク内での買い物にまわしたり、食事を豪華にしたりしています。

ディズニーランドとディズニーシー両方に行きたいときは、どちらかで優待パスポートを使って、もうひとつは料金を払って入園するという考えもあり、両方いくことも視野にいれることができます。

尚、このパスポートは入園制限中や、特別営業時間(年越し営業)は、利用できません。

有効期限は1年となります。

また、皆さんがよく利用するJR東日本では、年1回優待割引券をもらえます。

利用方法は1枚の割引券を運賃および料金のいずれかまたは双方の割引に利用することができます。

運賃が安くなるのでJR東日本を利用して遠くに旅行するときなどは使用するお得です。

有効期限は1年間です。

株エヴァンジェリスト 実績も参考