引っ越し準備のリスト作成

引っ越し準備のリスト作成については、早めにスタートさせるのがおすすめです。
面倒なのでつい後回しにしてしまいそうな作業ですが、それは避けるべきといえます。

なぜ引っ越し準備のリスト作成を早めにするべきかというと、引っ越し前後はけっこうやるべきことが多く、また送別会などの予定が入ることもあるので、スケジュールについてもできれば1ヶ月前など余裕を持って段取りを組むことが大事だからです。
1人暮らしでもかなり時間がかかるのも引っ越しです。

また「ミス」があっては致命傷になることもあります。
様々な契約を終了させるのを忘れて、追加料金を支払わなくてはならないケースもけっこうあるのです。
まずは引っ越しがきまったらすぐに、現在の家の解約に入りましょう。賃貸の人の場合、不動産屋や管理会社などへ連絡する必要があります。

また持ち家の人は、貸出を検討しているなら不動産屋で貸出の案内をしてもらう必要があるわけです。
このように手配については早急にすすめるべき点でもあります。
引っ越しで業者を利用する場合には、複数社から見積書を取り寄せることをおすすめします。

引っ越しですが、業者によっても価格が異なります。
できれば少しでも安いところをセレクトしたいところです。

次に引っ越し日を決定します。
そして引っ越し業者についても決定しましょう。

特に3月~4月はピーク時です。
土日などは早々と予約が埋まってしまうので、早めにスケジュール確認することが大事です。
これらの準備が整ったら、2週間前には引っ越し前にしなくてはならない手続きを完了させておきましょう。

また新居に移っても書類提出が必要な場合も多いことでしょう。
そうした場合はできるだけ早めに準備しておくのがおすすめです。
書類作成についてもけっこう時間をとられることが少なくありません。

また間違ってやり直しということもけっこうあります。
こうなるとそれこそ半日など時間がすぐに潰れてしまいます。

次に荷造りについても早めにするべきです。
荷造りについてはお皿など引っ越し直前まで使うもの以外は、早めに荷物を作っておきましょう。
引っ越し準備のリスト作成はお早めに。