保育園見学の流れとチェックしておきたいポイント

■保育園見学の時期やチェックポイント

幼い子供を持ちながら仕事を続ける人が頼るべきところが保育園です。

園で過ごす時間は子供にとって非常に大切なものであり、できる限り良い環境で子供に過ごしてほしいと思うものです。

そのため保育園に入園する前にどのような園であるのか、雰囲気や行事などについてしっかりと見極めたいものです。

保育園の入園申し込みを行うにあたり、見学は必要なのかと感じる人もいるでしょう。

現在は待機児童の問題もあり園に入りにくい状況にあるため、入れるならばどこでもよいという考えを持っている人もいるかもしれませんが、それは危険な考えです。

園は子供が長い時間過ごす場所であり、園に通う乳幼児期は人格の形成にとっても非常に大切な時期です。

一言で保育園といっても、園により施設や雰囲気、保育に当たり大事にしていることなどはそれぞれ異なります。

ホームページやパンフレットを見ることで少しは参考にもなりますが、実際に自分の目で見なければわからないことはたくさんあります。

実際に行ってみたらイメージとは違ってたという場合も少なくないので、保育園の入園を考えている場合には、自分の目で見学にいったほうがよいと言えるでしょう。

■見学の時期は、いつから仕事復帰をするかに合わせて考える必要がある

保育園の見学はいつごろすればよいのかと悩む人もいるかもしれませんが、いつから仕事復帰をするかに合わせて考える必要があります。

子供が小さいうちは子供とのんびりしたいと考える人もいれば、すぐにでも仕事に復帰したいという人もいることでしょう。

もしも生まれてからすぐに仕事に復帰したいと考えているのであれば、妊娠中に見学するのがおすすめです。

仕事の復帰をそこまではやく考えてはいないという場合には、子供が生まれてからでも十分です。

子供が生まれてから見学をするメリットは、子供の雰囲気と園の雰囲気があっているかどうかを確かめられるという点です。

早く入園希望を出さなければならないと焦る人もいるかもしれませんが、そのようなときほど冷静になって、子供や自分の状態に合わせて見学を進めていく必要があります。

見学の時間帯のおすすめは午前中です。

午前中であれば、園児が遊んでいる様子や昼食の様子など、園で過ごすありのままの子供の姿を見ることができるでしょう。

反対に午後になりお昼寝の時間にあたると、それぞれの部屋にはカーテンが引かれてしまい、クラスの様子はあまり見ることができません。

また4月中は入園したばかりの子供たちがまだまだ慣れていない状態で保育にあたっているため、何かとバタバタしているかもしれません。

そしてゴールデンウィークなどの長期間の休みの後は、子供たちは久しぶりの登園となり、気持ちが落ち着かずに普段の様子とは異なるケースも多く見られます。

4月以外の時期や、ゴールデンウイークや夏休みなどの長期休暇が明けた後以外の時期に見学の日を設定してもらうとよいでしょう。

見学を希望する前にはあらかじめ園へ電話をして予約を行います。

当日に必要となる持ち物は筆記用具とスリッパなどの室内履きは最低限用意しておきましょう。

筆記用具はメモを取る際には必要となります。

また園のパンフレットや子育て支援に関する資料などを配布する園も多いので、帰る際には荷物が多くなっていることが予想されます。

これらをまとめて入れられる折り畳みのバッグなどを用意しておくと安心です。

見学の際に服装に悩む人も多いかもしれませんが、スーツなどのかしこまった服装でいく必要はありません。

夏であればTシャツなどの格好でもかまいませんが、あまり派手な服装は控えた方がよいでしょう。

保育士もどのような人が見学に来るのかを確認するものであるため、お互いが気持ちよく過ごせるように準備しておきたいところです。

■清潔な環境であるかをチェックする

見学の際にチェックするべきポイントとしては、保育室や玄関、トイレなどが清潔に保たれているかどうか、廊下や階段などまで掃除が行き届いているかを確認しましょう。

子供が1日の大半を過ごすところであるため、清潔な環境であることは非常に重要です。

そして保育士が笑顔で保育にあたっているか、子供たちは楽しそうにしているかなども重要です。

■室内遊びと外遊びの遊具の内容や安全性についても確認する

室内遊びと外遊びの遊具の内容や安全性についても確認しましょう。

すべてをチェックすることがむずかしそうな場合には、自分が一番気になる部分だけでもチェックを行いましょう。

わが子が入園してこの園で過ごす姿を想像しながら確認してみると良いでしょう。

見学の最中や見学の後には質問ができる時間が設けられることもあります。

質問しておきたいこととしては保育時間や園行事について、保育にあたる上でどのようなことを大切にしているか、給食はどのようなものかなどを参考に、事前に質問したいことをまとめておくと聞き逃すこともありません。

見学や入園までの流れなどは分からないことや不安に思うことも多いはずです。

不安な点や疑問点は気軽にどろんこ会などの保育園や保育士に頼ってみると、きっと詳しく教えてくれることでしょう。

※どろんこ会について詳しくはこちら・・・どろんこ会保育園