起業家の税理士の活用法

会社を立ち上げてビジネスを行うためには、税金に関する知識が不可欠です。

ビジネスで儲けが出ても節税対策を行わないと税金の支払いが増大して、企業の財務状態が悪化します。

脱税は犯罪ですので絶対にやってはいけませんが、節税をすることは会社経営にとって非常に大事なことです。

 

起業家の前職が経理などの事務職だと税金に関する知識はある程度ありますが、営業畑出身の起業家は税金に関する知識が乏しいため、起業をしてからは税金に関する勉強をすることが必要になります。

しかし、起業したばかりの頃は本業の営業活動に忙しく、税務に関することはほとんど時間が取れないのが現状です。

会社を立ち上げた起業家は税理士に依頼すると、税務に関することは全て税理士が代行してくれます。

よって、税務のことは全て税理士に任せて、自分は本来の営業活動だけに専念することができます。

 

起業家は本来の営業活動に集中することによって、スタートダッシュが図れます。

会社を経営するには資金繰りが非常に大事で、資金繰りに失敗すると会社は倒産してしまいます。

資金が不足している時には金融機関や公的機関から融資を受けることが必要ですが、融資の審査は厳しい傾向が続いており、そう簡単に融資を受けることはできません。

税理士には融資の相談をすることもでき、融資申請の代行も依頼できます。

専門家に任せることによって、金融機関や公的機関から融資を受けられるようになり、資金繰りを安定させることに繋がります。

会社を創業する際の創業融資の相談をすることもでき、会社設立に必要な資金を得ることができます。

 

会社の経営では毎年決算を行うことが必要になります。

決算をするためには、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を作成することが必要になりますが、財務諸表を作成するには簿記の専門知識が必要になります。

税理士に依頼すると決算業務を代行してもらうことができ、決算時に必要な財務諸表の作成もしてもらえます。

会社経営をしていると、税務署から税務調査が入ることがあります。

税務調査が入ると追徴課税をされる恐れがあり、企業経営に悪影響を及ぼします。

税務の専門家と顧問契約を締結しておくと、税務調査が入った時には専門家が交渉してくれますので、追徴課税を回避できる可能性が高まります。

税務の専門家と顧問契約を締結すると、税務のことを全て一任することができ、企業の財務基盤が強化されます。

また、経営者の良きブレーンになってくれますので、税務の専門家から適切なアドバイスが受けられます。

 

滋賀 税理士 無料相談」より