主婦にもぴったりなカルナーキュアの楽しみ方

普段から炊事や皿洗いや洗濯で、手元を酷使している主婦の方々にとって、ハンドセラピーはとても重要なリラックス方法になります。

手元のツボを刺激しているだけでもストレスが発散できて、毎日行っている家事の疲れを忘れられますし、何よりも手元のスキンケアができるところが好評です。

皿洗いを終えた後は毎回のように肌が乾燥してしまっている人は、ただ洗剤を変えるだけではなく、ハンドセラピーによる保湿ケアも行っておきましょう。

ハンドクリームを使いながら手元をマッサージしているだけで、手元の皮膚の奥深くまでクリームの保湿作用を届ける事ができます。

それはマッサージ中に毛穴の奥深くまでクリームが届いてくれるためで、ただハンドクリームを塗っているよりも、更に保湿効果が大きく感じられるはずです。

いつも手元が乾燥して困っている人は、ハンドエラピーの最中に爪揉みマッサージも行っておくと、乾燥による爪割れを防ぎやすくなります。

爪揉みマッサージというのは親指と人差し指を使って、爪を横側から摘むように刺激するマッサージで、手元全体の血行を良くする事が可能です。

手元だけでなく爪の保湿ケアにも繋がるからこそ、爪の周囲の細胞をしっかりと刺激しておくようにしましょう。

少し力を込めて爪を摘んでいるだけで痛みが起きてしまう人は、爪の周囲の血行が相当悪くなっている可能性も疑ってください。

優しく爪揉みマッサージを行っているうちに、その痛みが消えてくれる事も珍しくありません。

指の間にある筋肉も凝りやすい部位ですから、家事で手元をよく動かしている主婦の方々は、爪の間の筋肉も摘むようにマッサージをしておく事を推奨します。

爪揉みマッサージよりも少し優しい力でも、十分に筋肉の疲労感を取り除く事ができますし、優しくマッサージを行うとリラックス効果も得やすいです。

家事を終えた後にパソコンやスマートフォンにばかり触れている人ほど、指の間の筋肉に疲れが溜まりやすいので、定期的にハンドセラピーを行っておきましょう。

※カルナーキュアに関して詳しくはこちら